Return to World Chelonian Trust Main Page for more Turtle and Tortoise Information

中国でいくつかマーケットを視察して後、いったいこの状態にどのような結論をつけたら良いのだろうか。 いくつかあげてみると:

1. 2001年の香港におけるカメ類の差し押さえはその数に関して言えば、全くただのバケツの中の一滴である。 マーケットに流れこむカメ類の数は、大量2001年の差し押さえと、再度の差し押さえに対する懸念から2~3ヶ月の間はかなり、品不足状態であったが、2002年3月にはまたもとの状態にもどっていた。

2.新たな種が、マーケットで発見・再発見されるのを見ると、以前は手付かずだった生息地が今ではその巨大な需要を満たすために採集の対象になっていることが分かる。 多くの遺伝学者が分類学上のなぞを解くために日夜努力を続けているが、基本的な,地域ごとのデータの欠如がその研究を妨げている。将来の種の再移導入も基本的な生息地や餌に関する情報の欠如が問題となる。

3.養殖ものが急速に増えてはいるが、まだ沢山の種類関して養殖技術を発展させなくては現在の需要を満たす事が出来ない。 たとえば、モエギハコガメ (Cuora galbinifrons )やエロンガータリクガメ( Indotestudo elongata などは一匹の養殖物に対して数千の野生捕獲ものがいる割合である。 一方,ミナミイシガメや見アカミミガメなどは養殖ものが需要をほとんど見たしているようである。

4.CITESで知られるレギュレーションは国内の野生動物の消費に対してのものではない。 周辺国間の取引に関してはまたほとんど効果がない。

 それで、答えは? われわれもまだ何も答えられない。 しかし、ここまでのページを読んだ後で、あなたがたがいま中国で何が起こっているか理解してくれる事を願っている。

= Steve Battke and Jason Newsted =

最後に、ワールド セロニアン トラストのディレクター、ダレル セネークに対し感謝の言葉をささげたい。 彼はその疲れを知らない努力とアドバイスを、またこのレポートを公開する場所も我々に与えてくれた。 このサイトに写真やコメントを提供してくれた、方々にも感謝したい。 そして最後に何年にもわたってアジアのマーケットの状態のついての理解を、一般に広める努力をし続けている人々、ありがとう。

Special thanks to Hidde Shimoyoshi for translating this section


 

写真の転載をご希望の方はこちらまで

 

 

 

 

www.chelonia.org

ワールド セロニアン トラスト

www.chelonia.org

PO Box 1445

Vacaville, CA

95696

 Fauna Top Sites Click Here to Visit!    Exotic Pet Sites  Click Here to Visit!   Click Here to Visit!                 


WCT Webmaster

 

 

 

 

 

 

Hit Counter